企業情報

企業概要

創業46周年を迎えました
厨房課題へのソリューション・プロバイダーを目指します。

株式会社エフ・エム・アイ(FMI)は1971年(昭和46年)創業、今年46周年を迎えさせて頂きました。これまでの皆様からのご愛顧・ご支援、厚く御礼申し上げます。 FMIの社名はFood Machines International から採っております。国際的に高品位として認められている業務用厨房機器の輸入販売・自社製品製造販売を主軸に、「人類の食文化発展への貢献」を経営理念として皆様の厨房で生じる様々な課題へのソリューション・プロバイダーとなることを目指しております。

創業時の1970年代は、戦後の高度成長から安定成長に移行して豊な国になっていく時期、現代フードサービスの黎明期、欧米での業務用厨房機器が日本に本格導入された時代でした。その中で、私共は「人類の食文化発展への貢献」を常に心掛け、お客様がお求めになられるであろう厨房機器・サービスを時代に半歩先んじてマーケットに提供させて頂くことを強く意識して参りました。

2000年代になるとアジア経済の台頭、ITの深化、お客様ニーズの多種多様化という環境変化があり、更に2010年代は、日本人口の減少の中で日本がアジアと一体化する動きが加速していると認識しております。かかる環境下、日本文化の基盤となる繊細さ・高品位・効率性の追求から生まれ出てくる厨房ニーズを先読みすることでこれまで以上にお客様に役立つ厨房ソリューション・プロバイダーになることを今後も目指して参りたいと思います。人類の食文化発展に貢献できるよう、様々な嗜好をお持ちになられるお客様が食をお楽しみ頂けるよう、厨房オペレーションの質・効率アップという観点から、新機軸の業務用 厨房機器のハード・ソフト両面を組合せたサービス提供に取組みます。

2020年の東京オリンピックに向け、日本国内はもちろん国外からの視線も強まる中、様々な食文化をこの日本を土壌として更に普及させ、更にはアジアを始め諸外国・諸民族との食文化の交流・拡大の一助となれるように取組みたいと思います。取扱い機器の選定、自社商品開発、機器の品質検査、それぞれの市場にあった機器改作に加え、調理メニュー提案・調理デモンストレーション、全国ネットの保守サービス網、付帯備品供給等々を総合的に組合せることで、急速に進化を続ける厨房課題へのソリューション・プロバイダーとなれるよう、全社一丸となり、誠心誠意、チャレンジして参ります。

代表取締役社長 富島信彦

商号
株式会社エフ・エム・アイ
設立
1971年 (昭和46年) 7月10日
資本金
99,000千円
社員数
191名 (平成29年7月1日現在)※派遣含
役員
 
会長
木本 武雄
代表取締役社長
富島 信彦
取締役営業本部長
下辻 靖幸
このページのトップへ
企業概要企業沿革事業所案内FMIの取り組み採用情報